2007年07月09日

スカウター無しで戦闘力を推定してみる

ごく個人的な興味から、ドラゴンボールの登場人物における戦闘力の変遷を調べるわけだが、もちろん、スカウターが登場した、ラディッツ出現時〜フリーザとの戦い直前以外の部分では、具体的な戦闘力の数値はわからない。しかしこれについては、ドラゴンボールのストーリー辿って行くと、大体の値を見積もることができるらしい。

例えばスーパーサイヤ人の戦闘力を推定する場合だと、「コミック○○巻の○○ページによると、フリーザの第2形態の戦闘力は100万らしい。ここからフリーザが後2段階変身すると、完全体になった時の戦闘力はだいたいこれくらいになるだろう。

この数字は、瀕死から回復し、戦闘力を大幅に上昇させたベジータが手も足も出ないという事実とも合致する。スーパーサイヤ人になった悟空は、そのフリーザを子供扱いするくらいの強さだから、完全体フリーザの戦闘力の数倍はあるだろうから、大体これくらい」という感じだ。

そういうことを自身のホームページやら掲示板やらで議論しているドラゴンボールマニアが日本には無数にいるらしい。僕も参加できなかったことが残念だが、ここでは数字の根拠は出さず、数字の結果だけを紹介する。

根拠を知りたい方は、「ドラゴンボール 戦闘力」で検索すると、ドラゴンボールにおける各種登場人物の戦闘力をしらべ上げているサイトがたくさんあるので、そちらを参考にしていただきたい。

またここで出てくる数字は色々なサイトを僕自身が調べて、だいたいの平均値をとったものなので、必ずしも他のサイトと一致しないが、そこはそれぞれの価値観がある、ということでご了承いただきたい。

まあ、そもそも正しい数字なんてないので、あくまでも一つの考え方ということで捉えていただければ幸いである。
posted by ドラゴンボール戦闘力 at 16:31| ドラゴンボール 戦闘力