2007年07月11日

孫悟空の戦闘力の変遷2:30近くになってもまだまだ現役

スーパーサイヤ人になったときの戦闘力は1億5000万。本当はこの時点で連載が終了するような雰囲気もあったようだが、社会現象にまでなったドラゴンボールは既に作者の手を離れ、色んな利害関係者に大きな影響を与える存在になっていたので、連載が継続することになる。それに伴い、悟空の戦闘力も引き続き上昇を続ける。主人公は弱くなるわけにはいかないのだ。

地球に戻ってきて、人造人間と戦うころの戦闘力は、大体2倍の4億くらいに増加しているらしい。その後、心臓病を患ったりと、悟空の影は次第に薄くなるが、精神と時の部屋で1日(=精神と時の部屋時間で1年)修行をすることで、戦闘力は20億に上昇する。しかしこれくらいの変化であれば、22万5000倍の上昇率を誇った数年前と比べれば可愛いものだ。

その後、悟空は再び死亡し、魔人ブウとの戦いで復活し、限りなく大猿に近いスーパーサイヤ人3なるものに変身することになるが、このときの悟空の戦闘力がだいたい100億くらいとのことだ。同じスーパーサイヤ人でも、100倍くらい強さが違ってくるらしい。

ちなみに、魔人ブウを倒すときに、元気玉を全宇宙の気を集めて作ったが、仮に地球人一人当たりの平均戦闘力が1だとして、地球に人口が60億人いるとすると、地球だけでだいたい60億の気が集まることになる。

これ以外にも、ナメック星やら海王神界やらからも気を集めているので、大体これの10倍くらいの気が集まっているとすると、戦闘力600億くらいの気が集まったことになる。魔人ブウの戦闘力がだいたい150億くらいらしいので、ちょうどこれをギャフンと倒せるくらいの気が集まったという計算になり、何となくつじつまが合っていることに新鮮な驚きを感じる。
posted by ドラゴンボール戦闘力 at 22:13| ドラゴンボール 戦闘力